工法について

自社開発した完全オリジナルのFB工法
プラスチックと色んな素材の混合を通じて新しい素材の開発が出来ます。

プラスチック製品を作るとき、通常の工程では’ペレット’と呼ばれる固形の状態が原料となりますが、
その一段階前のパウダー(粉)の状態ならば、いろいろな素材を混ぜ合わせて、新しい素材を作ることができます.
これが、当社が独自に開発したフリーブレンド(FB)工法です。
これは、2010年のノーベル化学賞を受賞した「複合技術」と同様の原理です。
この工法の考え方自体は以前から存在していたものの、複合的な技術のため挑戦した企業はどこも挫折していました。
しかし、そんな状況の中でも、代表理事である石田恭彦は、「誰も出来なかった新しい技術で素材の革命を起こしたい」という 強い意志を持ち続け、機械メーカーや原料を供給する原料メーカー、そして顧客までをも巻き込んで、この独自工法の実現に成功したのです。

「出来るか、出来ないか」ではなく、「やるか、やらないか」を追及する。「やる」と決めれば、「必ずやる方法を探す」。
こんなことから、FB工法はスタートしました。

「世界中のどこにもない、こんな素材がほしい」
「よそでは断られたが、できるだろうか」
そんなお客様の望む新しい素材を、当社のFB工法で実現しませんか。